ビジネスロー・ダイアリー

中年弁護士の独り言兼備忘録

本の感想

未知の世界の第一歩 - クロスボーダーM&Aの契約実務の雑感

今日は本の感想をつらつらと書いていきたい。今日の本の著者が所属する東京国際法律事務所(TKI)は各種法律雑誌に取り上げられており、実際に各社が行っている統計やランキングでも顔を出している。私の四大の友人にも、同事務所への転籍を考えている者もい…

ネコは政治家になるのかー「22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる」の雑感

これまでは司法修習生は何を勉強すべき?というエントリーを書いていたが、今日は趣味的に本の読書感想文を書いてみたい。紹介する本はこちら、成田悠輔氏の話題の新刊「22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる」である。 成田悠輔…

「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」の雑感⑤

こちらの本の話の感想 [http://:title] [http:// 決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月 [ 秋場 大輔 ] 楽天で購入 :title] 最後にコーポレートガバナンスについても少しだけ。LIXILグループでは、少数株主であるが創業家の一人である潮田氏の影響力…

「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」の雑感④

こちらの本の話の感想の続き④ [http://:title] 潮田氏サイド/会社サイドの人間もあたかも卑怯なことに手を染めているような記載ぶりであるが、そのような人たちの一つ一つの行為はそこまで大きな問題ではなく、また、潮田氏/会社の立場に従わなかったら、将…

「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」の雑感③

こちらの本の話の感想の続き③ [http://:title] さはさりながら、事実は概ねこの本に記載されているとおりなのだろう。私自身も弁護士の端くれとして、このような経営権争いに関わったこともあるが、あまりの迫真の描写に当時を何度も思い出させられた(関係…

「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」の雑感②

瀬戸氏サイド及び潮田氏サイドのいずれの側面から記載してており、緻密な取材を基に執筆されたのだろう。しかし、瀬戸氏・潮田氏の争いを勧善懲悪物にしようとしている意思があるのか(そのようなストーリーにしなければ売れないという事情もあるのだろう)…

「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」の雑感①

今日からは話題の新刊「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」を読んだ感想について書きたいと思う。 [http://:title] 著者は記者の秋場大輔氏。インターネット情報によると、秋場氏は日本経済新聞社で電機、商社、電力、ゼネコンなど企業社会を幅…